高品質印刷

一貫した生産体制によるワークフローで印刷品質の安定化に努めています。

小回りを効かせてきめ細かく対応。

当社は大阪市内と大阪東部地区を営業エリアに絞りこみ、1社1社のお客様にきめ細かく対応いたします。大量の印刷物はもちろん、小ロットの印刷物も遠慮なくお申し付けください。また、印刷後のデータは、当社大容量サーバーに3〜5年以上保存しておりますので、増刷の際には電話・メール1本で対応いたします(改定のない場合)。

※ データは、Mac、Windows に対応しています。メディアによる受渡しのほか、ファイル送信なども可能です。詳しくは担当者にお問い合わせください。

小回りを効かせてきめ細かく対応。

「本機校正」で印刷時と同じ環境での校正刷り

従来の色校正(本紙校正・簡易校正)の方法では、色校正出力した見本と実際の印刷物で、色味などに多少の違いが出てきてしまうため、イメージしていたものと違う仕上がりだと感じられることもしばしばありました。

当社で新たに導入した「8色オフセット印刷機」による本機校正では、実際の印刷と同じ紙・インキを使って校正刷りをおこないます。さらに両面印刷が可能ですので、印刷物とほぼ同じように仕上げます。ですので、想定しているカタログやパンフレットなどの現物を見るような感覚で、校正刷りをご覧いただけます。

「本機校正」で印刷時と同じ環境での校正刷り

CTPや24時間稼動の印刷機でスピーディーに印刷

当社では早くからフィルムレスのCTPを営業直結のCTPセンターに導入し、色校正をすばやく出力できる体制を整えています。また、東大阪の印刷工場では菊全オフセット印刷機が24時間フル稼動しており、納期の短い仕事でも柔軟に対応します。

品質面については、旧来のアナログ製版技術をもったスタッフが色の管理を徹底。ライトやシャドー、グラデーションなど微妙な色も忠実に表現します。さらには、シルクスクリーンや銀刷り、盛り上げ印刷など特殊な印刷も得意としています。

CTPや24時間稼動の印刷機でスピーディーに印刷

印刷トラブルやミスを何重にも防ぐ体制を整備

当社の印刷スタッフは、印刷するだけが仕事ではありません。データ通り出力・印刷できているか確認することはもとより、色のチェックや、おおまかな文字校正なども行いながら印刷しています。また、印刷後の検品も複数のスタッフが二重三重にチェックしています。

このようなチェック体制のもと印刷トラブルを防いでいますが、それでも万一トラブルが発生した場合には、即対応するとともに、週1回のミーティングで情報を共有化し、トラブルの未然防止策を検討しています。

印刷トラブルやミスを何重にも防ぐ体制を整備

ページトップへ